カウアイ島カウアイ島

カウアイ島

カウアイ島は、ハワイ諸島で最も古く最北端に位置する島。
ハワイで四番目に大きく、別名「庭園の島(ガーデンアイランド)」と呼ばれています。
500万年以上もの長い歳月と天候によって形成されたエメラルド色の渓谷、尖った山頂や険しい崖、熱帯雨林、分岐した川、連なる滝など、ガーデンアイランドの名にふさわしい自然豊かな島です。
カウアイ島には、ここでしか見ることのできない素晴らしい絶景がたくさんあるのです。


キャニオン・トレイル ~太平洋のグランドキャニオン!大地の裂け目を歩こう~

キャニオントレイル

ワイメア渓谷の北の絶壁を縫うように続いているこのトレイルでは、視界をさえぎるものがないため、大自然がつくりだした雄大な光景をあますことなく堪能することができます。
さまざまな植物を楽しみながら、めざすは大渓谷!深さ約1100m、長さ17kmにも及ぶ渓谷の真っただ中へ足を踏み入れ、自然のパワーの壮大さと島の長い歴史を感じとりましょう。

ビヘア・トレイル ~渓谷と海、植物と鳥、息をのむほど美しい光景が広がる~

ピヘア・トレイル

カウアイ島を代表する景色といえば、ナ・パリ・コーストを見下ろすことができるカララウ渓谷の眺め。
この渓谷を間近に見下ろしながらトレッキングできるのが、ピヘア・トレイルです。
景観の美しさだけでなく、オヒアの森に集まる小鳥たちのさえずりを堪能することができます。
ハワイの原自然を知ることができる貴重な場所で、心が洗われる体験をしましょう。

カヤック・シークレットフォールズトレッキング ~カヤックで大冒険!~

カヤック・シークレットフォールズ

豊かな森と川に囲まれた島であるカウアイ島。
島内で唯一渡航ができるワイルア川をカヤックで進みます。

カヤックを降りた後はジャングルを探検しながら進み、秘密の滝を目指します。
無事にたどりついたら、滝壺で思う存分遊びましょう!

コーヒー農園

コーヒー農園

全米No.1の広さを誇る、コーヒー農園に行きましょう。
コーヒー畑の中に建っているミュージアムでは、様々なコーヒーの試飲ができたり、実からコーヒーができるまでの工程がわかります。

キラウエア灯台

キラウエア灯台

灯台の周辺は国定野生動物保護区となっており、オオグンカンドリをはじめ、たくさんの野鳥たちが舞っている姿を目にすることができます。

ビーチ

ビーチ

ビーチで遊んだり、熱帯の魚を間近で見たり、美しい貝をひろったり!
美しいビーチで、熱帯の魚たちの観察や海水浴を思いっきり楽しみましょう!

ビーチのそばにある洞窟にも行ってみよう。

カウアイシェルをさがせ!

カウアイシェル

カウアイ島ではアクセサリーなどにすることが多い、ピンク色のかわいらしい貝。
買うととっても高価なこの貝をビーチでさがしてみよう!

スケジュール

日付スケジュール食事
7/26
(木)
夜(20:00頃予定)成田空港発 カウアイ島へ
-----日付変更線通過-----
昼 リフエ空港着
着後 ノウノウトレイル
美しい緑の山並みと海を遠くに望みながら歩きます。
【カパア泊】
夕(機内食)
朝(機内食)

7/27
(金)
ピヘアトレイル
自然が作り上げた大渓谷、ナ・パリ・コーストを一望することができます。
鳥たちのさえずりを聞きながら、心地よくトレッキングしましょう。
【カパア泊】


7/28
(土)
キラウエア灯台
美しい景観の中、さまざまな海鳥を観察しましょう。
ワイルア川カヤック&シークレットフォールズハイク
カウアイ島ならではのアドベンチャー体験!
【カパア泊】


7/29
(日)
コーヒー農園
ハワイ島全体のコーヒー農園の6割弱を占めるコーヒー農園です。
キャニオントレイル
太平洋のグランドキャニオンともいわれるワイメア渓谷を歩きます。
【カパア泊】


7/30
(月)
ハエナビーチ
息をのむほどきれいな、真っ白な砂浜、真っ青な海で海水浴を楽しみます。
ハナレイの街でのショッピングなど
【カパア泊】


7/31
(火)
朝 ホテル発
リフエ空港発
ホノルル経由
-----日付変更線通過-----
【機中泊】

昼(機内食)
8/1
(水)
夕方 成田空港着軽食(機内食)

現地ガイドのご紹介

近藤純夫

近藤 純夫(こんどう すみお)先生

北海道札幌市出身。
エッセイスト、翻訳家、ハワイ火山国立公国のアドバイザリースタッフ。
主著に『歩きたくなるHawaii』『ハワイBOXフラの本』『フラの花100』『ハワイ・ブック』『ハワイアン・ガーデン』『ハワイ・トレッキング』『アロハ検定 オフィシャルブック』など、訳本に『イザベラ・バードのハワイ紀行』などがある。

長谷川久美子

長谷川 久美子(はせがわ くみこ)先生

兵庫県出身、1998年よリハワイ島在住。
ハワイ大学ヒロ校コンファレンスセンターが主催するバードウォッチングの副り一ダーハワイアン・エドベンチャー・プログラムの翻訳ガイド、国立天文台すぽる望遠鏡山頂施設のガイドを経て、2002年に独立。
現在は「ハワイ・ネイチャー・エクスプローラーズ」として、ハワイの自然と文化をテーマとするエコツアーを専門に活動する。