ハワイ島ハワイ島

ハワイ島

ハワイ島はハワイ全6島の中で一番若く、一番大きい島です。
世界で最も活発な活火山のひとつ(キラウエア)、海底から測った高さが1万メートルを超える世界最高峰(マウナケア)、世界で最も巨大な山(マウナロア)、州最大の公園(ハワイ火山国立公園)などがあります。
緑の生い茂る熱帯雨林、雪をかぶった山頂、美しいビーチなど、多種多様な気候帯が存在します。
ハワイ島は、ダイナミックな自然と今なお成長し続ける様を体感できる島です。


満天の星空とサンセット

満天の星空とサンセット

世界中の天体望遠鏡が集まるほど、もっとも天体観測に適した場所といわれているマウナ・ケア。

きれいなサンセットから満天の星空に変わっていく空に注目!

今まで見たこともないほど美しい星空に出会えるはず!




マウナ・ケア ~すばる望遠鏡~

マウナ・ロア 大人チーム

標高4000mのマウナ・ケアの天文台を目指します。

日本が誇る「すばる望遠鏡」を特別に解説付きでご案内します。

マウナ・ロア ~洞窟探検~

マウナ・ケア 子どもチーム

世界一体積が大きい火山、マウナ・ロア。その中腹にはたくさんの溶岩洞窟があります。その中のひとつにロープを使って潜入してみましょう。

ここを探検した子どもは世界中をさがしても、このツアーに参加した人だけです!



生きている大地を体感 ~溶岩トレッキング~

溶岩トレッキング

大地が生まれ、成長を続けていることを実感できるのがハワイ島です。

溶岩トレッキングでは、溶岩の種類や流れ方などまさに噴火したときの様子がイメージできます。そして、その後に再生していく植物などを観察できます。

また、昨年噴火してさらに巨大化した火口も安全な場所から見ることができます。




カウマナ・ケイブ ~真っ暗な世界を体験~

カウマナ・ケイブ

溶岩によってできた洞窟を探検します。洞窟内には縄状の溶岩や溶岩鍾乳など、溶岩がつくりだした見事な造形物があります。

神秘的な地底の世界で真の闇を体験してみましょう。

リバーサイド・トレッキング

トレッキング

ハワイ州の象徴、虹。その名のついた美しい滝を出発。

川にまつわるハワイの伝説とともに上流のワイルク滝をめざそう。



ビーチ ~海水浴と生物観察、それぞれに適したビーチ~

カウマナ・ケイブ

ハプナビーチ

全米一美しいと評判のビーチにご案内します。

真っ白に輝く砂浜、真っ青に透き通る海で思いっきり海水浴を楽しみましょう。

カハルウビーチ

カハルウビーチ

このビーチでは、驚くほど近くによってくる魚たちを観察することができます。

カラフルな魚やウミガメとの出会いを楽しもう!


ハワイ固有の動植物に出会おう!

ハワイの動植物

太平洋の真ん中に浮かぶハワイ諸島は、まわりの陸地から遠く離れているため、生き物たちも独自の体系を築き上げています。


スケジュール

日付スケジュール食事
7/25
(木)
夕方(19:00 頃予定) 成田空港出発 ハワイ島へ
 -----日付変更線通過-----
午後 ヒロ空港着
カウマナ・ケイブ
 溶岩洞窟を探検しよう。【ヒロ泊】
機内食
機内食
昼、夜
7/26
(金)
ワイルケ・リバー・トレイル
 マウナ・ケア山からヒロの街へ流れるワイルケ川をさかのぼり海を目指します。
マウナ・ロア洞窟探検(子ども)
 竪穴洞窟に潜入して探検しよう。
マウナ・ケア山頂 すばる望遠鏡 見学(保護者)
 日本が誇る望遠鏡を解説付きでご案内いたします。
星空観察
 満天の星空を堪能しよう。【ヒロ泊】
朝、昼、夜
7/27
(土)
ナパウトレイル・トレッキング
 森林を覆いつくした溶岩台地をトレッキングします。溶岩が作り出したさまざまな地形に出会えます。溶岩から逃れたレインフォレストに覆われた丘を目指します。
チェーン・オブ・クレーターズ
 キラウエアから流れ出て海に流れ込んだ溶岩で埋め尽くされた溶岩原を体感します。【ヒロ泊】
朝、昼、夜
7/28
(日)
クレーター・リム・ドライブ・トレッキング
 生きている大地を体感できます。2018年5月の噴火で大きく姿を変えたハレマウマウ火口が良く見える場所を目指します。
ブラック・サンド・ビーチ
 溶岩が作り出した真っ黒な砂浜にいきます。運が良ければウミガメにも出会えます。
夕方 コナへ移動【コナ泊】
朝、昼、夜
7/29
(月)
ハプナビーチ
 真っ白な砂浜、真っ青な海、息を飲むほどきれいなビーチで海水浴を楽しみます。
カハルウビーチ
 帯の魚たちがたくさん、そしてウミガメにも出会えるかも!【コナ泊】
朝、昼、夜
7/30
(火)
朝 ホテル発 コナ空港へ
コナ空港発 ホノルル経由で成田へ
 -----日付変更線通過-----【機中泊】
朝、機内食
7/31
(水)
夕方 成田空港着機内食

現地ガイドのご紹介

近藤純夫

近藤 純夫(こんどう すみお)先生

北海道札幌市出身。エッセイスト、翻訳家、ハワイ火山国立公国のアドバイザリースタッフ。
主著に『歩きたくなるHawaii』『ハワイBOXフラの本』『フラの花100』『ハワイ・ブック』『ハワイアン・ガーデン』『ハワイ・トレッキング』『アロハ検定 オフィシャルブック』など、訳本に『イザベラ・バードのハワイ紀行』などがある。

長谷川久美子

長谷川 久美子(はせがわ くみこ)先生

兵庫県出身、1998年よリハワイ島在住。
ハワイ大学ヒロ校コンファレンスセンターが主催するバードウォッチングの副リーダーハワイアン・エドベンチャー・プログラム翻訳ガイド、国立天文台すぽる望遠鏡山頂施設のガイドを経て、2002年に独立。現在は「ハワイ・ネイチャー・エクスプローラーズ」として、ハワイの自然と文化をテーマとするエコツアーを専門に活動する。